債務整理110番

シェアする

お電話での無料相談は 0120-739-960 (弁護士法人サルート法律事務所専用電話番号)

債務整理110番は、任意整理、民事再生、自己破産、過払い金請求など債務整理全般及び借金相談のスペシャリストである法律事務所・弁護士事務所・司法書士事務所を検索可能なサイトです。2009年運営開始。

債務整理を行う弁護士事務所・司法書士事務所の一覧

弁護士事務所登録数:128 司法書士事務所登録数:220

合計登録数:440

スポンサーリンク

債務整理・借金相談ができる弁護士・司法書士の検索

都道府県・市町村別に検索

北海道・東北

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

関東・甲信

東京都埼玉県神奈川県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県長野県

北陸

新潟県富山県石川県福井県

東海

愛知県三重県岐阜県静岡県

近畿

大阪府兵庫県京都府奈良県滋賀県和歌山県

中国

鳥取県島根県岡山県広島県山口県

四国

徳島県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

新着事務所一覧

弁護士事務所・法律事務所

しいの木法律事務所(東京都中野区野方)

しいの木法律事務所は、債務整理、借地借家問題、労働問題などの法律相談の初回相談料を無料としています。早めに専門家に相談することにより早期の解決や紛争の予防につながる場合があります。気軽にご相談ください。

司法書士事務所・法務事務所

司法書士しおり綜合法務事務所(東京都台東区東上野)

司法書士しおり綜合法務事務所は、JR上野駅入谷口徒歩5分にある女性司法書士事務所です。過払い金返還請求や借金問題全般、相続問題、出会い系サイト詐欺被害、不動産登記全般、不貞行為による慰謝料請求までと、街の法律家として幅広くご対応いたします。また休日祝日も対応致しますので、お気軽にご連絡ください。

債務整理について

債務整理110番とは

当サイト「債務整理110番」は、2009年運営開始した任意整理、民事再生、自己破産、過払い金請求など債務整理全般及び借金相談のスペシャリストである法律事務所・弁護士事務所・司法書士事務所を検索可能なサイトです。クレジットやサラ金などで多くの債務を持つ方の債務整理や自己破産、及び民事再生の申立等に関する法律相談ができる弁護士や司法書士の情報を掲載しています。過払い請求ができるか、過払い請求することで任意整理にできるか、支払能力があるので自己破産ではなく個人再生できるかなどさまざま疑問を弁護士や司法書士に相談しましょう。

債務整理とは

債務整理とは、弁護士や司法書士が債務者に代わって「債務=借金」を整理することです。大きく分けて「借金返済」を行う方法と「消費者金融などへ払い過ぎたお金=利息を取り戻す」方法があります。「借金返済」の方法には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があります。一方、「払い過ぎた利息を取り戻す方法」として過払い金返還請求があります。

債務整理には、法的に必要な限度で支払う任意整理、裁判所から借金返済免除の許可を得る自己破産、裁判所の許可を得て減額する個人再生があります。借金問題は、法の専門家である弁護士が任意整理や個人民事再生、特定調停、自己破産などの方法を使うことで解決できます。

これらの債務整理にはメリット・デメリットがあります。自分の最適な借金整理方法、で、財産や個人のプライバシーに添って、借金問題を解決します。どの債務整理の方法が適しているかは、それぞれの債務内容(金額、取引年数など)や生活状況で決めることになります。どの程度の借金なら個人民事再生や自己破産、任意整理でわけではなく、「利息制限法」の金利で利息の引き直し計算をすることにより、最適な解決方法が明確となります。

債務整理は、正しい知識と適切な相談者がいれば確実に解決できます。借金返済の悩みは「債務整理」により解消できます。また、弁護士名の受任通知の発送により、貸金業者は債務者本人や家族へ対して取り立てが禁止さます。

借金問題を相談するきっかけの例

  1. 借金が払えなくなり滞納してたら、一括請求通知が届いた。
  2. 裁判所から訴状が届き、出廷しなければ給与差し押さえになってしまうため相談。
  3. 消費者金融など貸金業者取立てがひどくて、すぐにでも取立を止めたい。
  4. 結婚を機に借金整理しようと思った。
  5. 過払いがある可能性があるなら取り返したいと思い相談した。
  6. 給料など収入が減り、毎月の返済が苦しくなり相談。

債務整理へ第一歩の借金相談

多重債務による借金問題は、法律問題となりますので、借り入れ債務を払いきれないと感じたら一日でも早く法律相談を受けて、適切な債務整理方法を法律事務所からアドバイスを受けて下さい。近年では、「借金相談無料」の弁護士や司法書士も増えています。

債務整理を行う専門家

弁護士

弁護士は、債務整理に発生する手続きや代理事項など、債務整理に関する手続きを全て行う専門家。裁判手続きが必要なった際もそのまま利用可能です。

司法書士

司法書士は、弁護士に比べて代理手続きを行える範囲は限られますが、任意整理の代理人なることや自己破産の書類作成などが可能です。尚、認定司法書士の場合は、簡裁訴訟代理関係業務も可能となります。

債務整理の要件比較

任意整理 民事再生 自己破産 過払い金請求
立要件 特になし 支払不能の恐れ 支払不能の恐れ 支払不可
裁判所 通さない 簡易裁判所 地方裁判所 地方裁判所
性格 示談 調停 裁判所の決定 裁判所の決定
成立要件 各債権者との合意 各債権者との合意 債権者の過半数の同意
整理の結果 利息制限+将来の利息カット 利息制限+将来の利息カット 5分の1以上の弁済 支払義務免除
減額幅 全額
ブラックリスト化 する する する する
官報への掲載 されない されない されない される
住宅や車の資産 なし なし なし あり
整理差し押さえ対象 定期的に安定した収入が見込める 定期的に安定した収入が見込める 定期的に安定した収入が見込める 問わず

債務整理の種類と特徴

債務整理(借金整理)する方法には、任意整理や個人民市再生、特定調停、自己破産などの方法があります。債務整理は、借金残高、収入、不動産や自動車などの財産、債権者の種別(銀行、消費者金融、ヤミ金など)の現在状況によります。

多重債務に陥った方の対処方法としては、大きく分けて、債務が支払えないので自己破産するという方法と、一定の条件のもとで支払いを継続して立ち直る方法(任意整理や個人再生手続)があります。他にも、特定調停、過払い金返還請求などの借金解決方法があります。

債務整理の方法は、債務者における借金の金額や返済能力によって過払い請求、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産に分別されます。

任意整理

任意整理とは、弁護士が法定金利で利息計算をし直して、法律上、本当に支払わなければならない元金額を確定し、これに基づき、債権者と個別に交渉し、支払可能な範囲内の金額で、分割支払の和解を取り付けていく「交渉による債務整理」の方法です。

任意整理は、お金を貸した金融機関などとお金を借りた債務者とで、今後の返済方法や利息の減額などについて話し合いによる交渉を行うものとなります。任意整理は、この名の通りお金を借りた人とお金を貸した金融機関とが任意で執り行うものとなり、法的な措置や関与は全くありません。このため、いくらお金を借りた人が金融機関に対して交渉を求めても、金融機関が任意整理に応じなければ任意整理による話し合いは成立しないことになります。

また、実際に任意整理による交渉を行うことになったとしても、お金を貸した金融機関のほうが立場手的に強くなりますので、不利益な要求をされることもあるため、弁護士などの専門家に第三者として仲介を依頼したほうが無難な場合もあります。

ただ、銀行などでは融資相談窓口を常時開設していることがありますので、任意整理のきっかけとして、こうした金融機関の相談窓口を利用するのが手っ取り早と言えます。一昔では、借金の返済が滞れば強引な取り立てを行うこともあったようですが、現在は法律で厳しく規制されているため、金融機関もあまり無理なことは押し付けない可能性があります。

それよりも、融資が不良債権となり焦げ付いてしまうよりも、少しでも返済されたほうが金融機関としても、得策となると考えて任意整理による相談に応じる場合が多くなっています。任意整理に臨むためには、自分の収入や幾らなら返済ができるのかなど予め金融機関を説得できるだけの資料を用意しておく必要があります。

個人民事再生

個人民事再生とは、債務の支払いが困難になって、自己破産の申立を検討しなければならなくなった方について、裁判所の手続きを使って、債務額を大幅にカットしてもらい、将来の収入によって、債務額を原則3年間で分割返済して債務を整理する方法です。

特定調停

特定調停とは、債務者と債権者が裁判所の仲介により話し合いで借金を整理する方法です。特定調停は、裁判所の仲介により法律にもとづいてお金を借りた人と金融機関の間において返済期間の見直しや借入額の減額などの交渉を行うものとなります。裁判所による特定調停は、民事訴訟となる事案のうち、離婚や借金返済など特に多い事案について特定した事案とて特定調停が設けられています。

特定調停は、お金を借りた人が借金の返済が困難となってしまい、裁判所に対して特定調停の申し立てを行うことで特定調停による債務整理が始まることになります。特定調停の申し立てが行われると、裁判所は事案を担当する調停員が割り当てられることになります。調停員は、特定調停の申し立て人における状況把握を行い、任意整理での交渉条件やその時の記録を確認したうえで、申立人となるお金を金融機関から借りている人の収入状況や保有する資産などを調査することになります。

調停員は、特定調停を正式受理する前に、任意調停において金融機関とお金を借りた人の双方にまだ譲歩する余地があるとされた場合は、特定調停は差し戻しか一時預かりとして、任意整理を再開するよう指導が行われることになります。

特定調停による債務整理では、全て裁判所の調停員の指導のもとで執り行われますので、お金を借りた人は指示に従って行動することになります。また、調停の日程なども出廷する日が指定されてますので、都合が悪くても調停を優先させる必要があり、万一、出廷に応じないなど調停員の指導に従わない場合は、強制執行などの措置が行われることもあります。

自己破産

自己破産とは、借り入れ(債務)の支払いが不能になった場合に自己破産・免責の申立を行い、裁判所から債務の支払責任を免除(免責)してもらう手続き。多重債務に陥った方の生活再建のための最終的手段となります。

自己破産と言う言葉は、映画やテレビドラマなどでも、しばしば場面として映し出されることがありますので、おおよその事はイメージがつきやすいですが、自己破産のイメージは、良い印象ではなく、自殺や事件などのシーンも多いことから人生の終わりと感じてしまう人もあるようです。

しかし、現実的にはバブル崩壊後の経済状況の悪化とデフレによるものの価値が下がってしまったことにより、相次ぐ企業倒産や業績不振によるリストラで仕事を失った挙句、収入も絶たれてしまう人の数が多くなっています。そして、倒産やリストラされた人の中には、借金をしている人もあるため、借金の返済に困ってしまうことになってしまいます。このため、自己破産と言うものがテレビドラマの中ではなく現実として襲いかかることになり、自己破産の件数が増加の一途をたどっています。

自己破産は、収入の当てがなく借金返済の目処がない場合において、特定調停と同様に管轄の地方裁判所に自己破産の申し立てを行うことになります。自己破産となることで、自分が所有する資産や家財など生活に必要なものを除いて差し押さえとなってしまいます。

そして、債務者本人に対して裁判所の管轄外への引っ越しが制限され、また、公務員など禁治産者となるため臨時職員であっても職に就くことが出来なくなってしまいます。しかし、子どもの名義の預貯金や親の名義の不動産は差し押さえとならないため、自己破産の危険がある人の中には、駆け込みで名義を変更する人もあるようです。

過払い金返還請求

過払い金返還請求とは、利息制限法の上限金利を超える利息での返済期間が長期にわたる場合など、引き直し計算を行うと、債務額が減少しきってゼロを通り越し、マイナスが生じる場合があります。通常の場合、このマイナスが貸金業者に対する払いすぎた金利(グレーゾーン金利)ということになります。

出資法最高利率(年29.28%)と利息制限法最高利率(年15%か~20%)の間がグレーゾーン金利、いわゆる過払い返還請求ができる部分となります。

債務整理と過払い金の比較

メリット:○ デメリット:× 制限付き:△

任意整理 民事再生 自己破産 過払い金請求
借金帳消しにできる ×
催促をSTOPできる
財産を守れる ×
秘密で整理できる
資格制限のある職業に就ける ×
ブラックリストに載らない × × ×
債権者の同意がいらない ×
裁判所の手続きがいらない × ×

弁護士や司法書士の請求項目

相談費用

借金相談を弁護士や司法書士にする際に必要な費用。最近は、最初の30分無料や初回無料、何度でも無料というところが増えてきています。

着手金

受任後に成功の可否に関わらず支払う費用
債権先(消費者金融など)1社につきxxx円または固定

基本報酬・成功報酬

債務整理または過払い金返還請求の成功後に支払う報酬
債権先1社につきxxx円

成果報酬

減額報酬または過払い請求金額に対して支払う成果報酬
減額報酬または過払い請求金額のうちxxx%

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
債務整理110番の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!